So-net無料ブログ作成
検索選択
-| 2010年01月 |2010年02月 ブログトップ
前の10件 | -

<2次補正予算>与党と公明党など賛成多数で成立(毎日新聞)

 政府の緊急経済対策を盛り込んだ09年度第2次補正予算と関連2法は28日午後の参院本会議で、与党と公明党などの賛成多数で可決、成立した。29日には鳩山由紀夫首相の施政方針演説など政府4演説が行われ、10年度予算案の審議に入る。政府は年度内成立を確実にするため、2月下旬から3月上旬の衆院通過を目指すが、野党側は引き続き鳩山首相と民主党の小沢一郎幹事長を巡る「政治とカネ」を追及する構えだ。

 2次補正は雇用、環境、景気が柱で、雇用を維持する企業を支援する雇用調整助成金の拡大や、家電エコポイント制度の延長などを盛り込んでいる。総額7兆2000億円。自民、共産両党は「経済対策として不十分」などとして反対した。一方、公明党は「内容には不満だが、景気状況を考えると早く対応すべきだ」などとして賛成に回った。鳩山首相は28日夜、首相官邸で記者団に「国民を守る第一歩が築かれた」と述べた。

 29日の政府4演説に対し、2月1〜3日に衆参で代表質問を行い、5日から衆院予算委員会で実質審議入りする。与野党は2月中旬の集中審議と同月中の党首討論の実施で合意している。4日には小沢氏の元秘書の石川知裕衆院議員の拘置期限を迎え、起訴されれば野党側が攻勢を強めるのは確実だ。【鈴木直】

【関連ニュース
毎日新聞調査:主要119社中、半数強が景気は「足踏み」
第2次補正予算案:衆院本会議で与党3党などの賛成で可決
自民幹事長:補正予算2.7兆円の執行停止を批判
鳩山首相:連合の古賀会長と初会談 連携強化を確認
私はこう見る:09衆院選/10止 景気対策 大田弘子氏/リチャード・クー氏

外国人参政権は国民新党と調整 官房長官(産経新聞)
文化財を守れ! 法隆寺で防火訓練(産経新聞)
<臓器移植>新規登録者の約4分の1 親族優先提供を希望(毎日新聞)
足利再審 録音テープ再生 メディア公開阻む「目的外使用禁止」(産経新聞)
名護市長選 市民の意思伝えたい…当選の稲嶺氏(毎日新聞)

<石川知裕議員>自身の事務所費でも聴取 逮捕容疑以外で初(毎日新聞)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る事件で逮捕した同党衆院議員の石川知裕容疑者(36)に対し、東京地検特捜部が、石川議員の資金管理団体「勝山会」(北海道帯広市)の会計処理問題についても事情聴取していることが分かった。石川議員の弁護士が27日明らかにした。逮捕容疑以外の取り調べが明らかになるのは初めて。

 勝山会を巡っては、石川議員の私設秘書だった札幌市の不動産会社社長が、08年9月ごろから約1年間、札幌市の事務所や車(約400万円相当)を無償提供していたと証言した。しかし、勝山会の08年の政治資金収支報告書には同9〜12月、家賃と車のリース料計44万円をこの会社に支払ったと記載されている。こうした問題や勝山会のパーティー券収入などについて聴取しているとみられる。

 石川議員は12月、「車のリースも賃貸も契約書を作成している。虚偽記載はしていない」と話していた。

【関連ニュース】
陸山会土地購入:石川容疑者の準抗告棄却 東京地裁
陸山会土地購入:石川議員、手帳にホテル名 水谷側とずれ
陸山会土地購入:3容疑者拘置延長 共謀立証に詰めの捜査
陸山会土地購入:石川議員ら3人、10日間の拘置延長に
石川議員:「本当のことを言うしかない」逮捕前夜、父に

今滝さん、行方不明直前はタクシーを連日利用 神戸の女性講師不明事件(産経新聞)
おでんセットからまた針 千葉のスーパー(産経新聞)
「間違いないのか」「はい」菅家さんテープ再生(読売新聞)
「スイッチ化の推進」などを今年の活動目標に―OTC医薬品協会(医療介護CBニュース)
富士通、山本常務が社長に昇格(レスポンス)

警察署で保護男、毛布に火つけ逮捕 「何のことかわかりません」と否認 大阪(産経新聞)

 大阪府警南署の保護室の毛布に火をつけたとして、南署は23日、現住建造物等放火の疑いで、自称大阪市中央区道頓堀東、無職、平阪政春容疑者(50)を現行犯逮捕した。南署によると、平阪容疑者は「何のことかわかりません」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は23日午前4時45分ごろ、南署2階の保護室にある毛布にライターで放火、床や壁など約1平方メートルを焼いたとしている。

 南署によると、平阪容疑者は午前4時半ごろ、泥酔状態で署に押し入り、ほかの来署者に暴言を浴びせるなどしたため、署が保護したという。

【関連記事】
警察官の目前で放火容疑 直前の火災との関連捜査
教諭の父を殺害、放火 22歳長男を再逮捕 「金の使い方で小言」
連続放火か、民家の外壁など焼ける 千葉・市原
放火事件 実行役の女供述「殺害目的で睡眠薬」
政界・文豪ゆかりの文化財次々焼失…施錠なく

38歳女性死亡、同居の母親は睡眠薬大量服用(読売新聞)
<渋谷暴動事件>29年ぶりに控訴審再開か(毎日新聞)
ひき逃げで米兵起訴=沖縄・読谷村の死亡事故−那覇地検(時事通信)
小沢幹事長の事情聴取が終了(読売新聞)
外国人参政権は国民新党と調整 官房長官(産経新聞)

都議補選、自民候補が勝利 小沢氏問題、影響か(産経新聞)

 民主党と自民党の新人候補同士の一騎打ちとなった東京都議補選(定数1、島部選挙区)は24日投開票が行われ、自民党候補が勝利した。民主党の小沢一郎幹事長が政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部の事情聴取を受けた翌日の投開票となったことも、有権者の投票行動に影響した可能性があり、民主党にとっては手痛い敗北となった。

 伊豆・小笠原諸島からなる島部選挙区は、自民党が7期24年間にわたって議席を占めてきた強固な保守地盤だった。民主党は今回の都議補選を、東京における参院選の前哨戦と位置づけ、都道府県議会レベルの選挙では異例ながら、小沢一郎幹事長ら党幹部や閣僚が乗り出していた。

 今月8日には伊豆、小笠原諸島の首長らを陳情の名目で呼び、小沢氏が直々に補選への協力を要請したほどだった。さらに、菅直人副総理・財務相、東京選出の蓮舫参院議員ら民主党の衆参国会議員約20人が、遊説のため大島八丈島に入った。

 政権与党として力を入れた結果の敗北だけに、党内では参院選への不安から、「政治とカネ」の問題を抱える小沢氏や、鳩山由紀夫首相に対する風当たりが強まる可能性もある。

【関連記事】
小沢氏「事実のすべて」 疑問多く不可解
連合内で選挙協力に異論 小沢氏問題が影響
原資、融資、秘書任せ…疑問なお残る 小沢氏会見
鳩山内閣、占星術的にはほぼ完璧らしいが…
「小沢独裁」あぶり出せ 自民が攻勢強める

聴取への対応「小沢氏の判断」=首相(時事通信)
小沢氏に「どうぞ闘って」…首相一問一答(読売新聞)
<訃報>湯川龍二さん93歳=元日本電設工業社長(毎日新聞)
20km以上?引きずり死亡、運転の左官工逮捕(読売新聞)
32歳女性押され転倒、4000円入りバッグ奪われる 大阪(産経新聞)

ペルー人少年の在留認める=脳腫瘍手術、国外退去訴訟−東京地裁(時事通信)

 不法に入国し、国外退去処分を受けた神奈川県のペルー人一家が処分取り消しを求めた訴訟の判決で、東京地裁は22日、脳腫瘍(しゅよう)の摘出手術を受けた高校1年の長男(16)に対する処分を取り消し、在留を認めた。両親と長女(12)については、請求を棄却した。
 長男は処分を受けた時は中学2年だった。原告側弁護士によると、処分時に中学生だった少年に判決が在留許可を認めるケースは異例という。
 杉原則彦裁判長は長男について、医療水準が高いと言えないペルーで適切な治療を受けることができるか非常に疑わしいと指摘。「人道的配慮から在留を特別に認める判断をすべきだ」とし、考慮せず退去処分としたのは重大な事実誤認があるとした。 

<再診料>時間外対応の診療所など加算 厚労省政務官が示唆(毎日新聞)
民主党やテレ朝に銃弾?入り封筒 小沢幹事長絡みの文書同封(産経新聞)
<補正予算案>25日採決で大筋合意 衆院予算委理事会(毎日新聞)
首相、公邸にこもる=秘書官通じコメント(時事通信)
拘置所移送中、警官に暴行=脅迫で起訴の男逮捕−北海道警(時事通信)

<取り調べ可視化法案>政府・民主、対応苦慮…検察捜査受け(毎日新聞)

 捜査機関の取り調べを録音・録画する刑事訴訟法改正案(取り調べ可視化法案)を巡り、政府・民主党の足並みの乱れが20日、表面化した。今通常国会への法案提出を検討する民主党に対し、政府側は「法務省で研究中」との理由で先送りを図っている。小沢一郎・民主党幹事長の資金管理団体の土地購入に絡む検察の捜査が続く中、法案提出は検察当局への露骨なけん制と映るだけに、対応に苦慮しているのが実情だ。

 民主党の輿石東参院議員会長は20日の参院議員総会で「(今国会に)提出すべきではないかという意見がある。冷静な判断の上にきちんとした対応が必要だ」と述べ、今国会での法案提出を検討する考えを表明した。同党の川内博史衆院議員は同日、取り調べの可視化を目指す議員連盟の発足へ向け、党所属議員に参加を呼びかけるファクスを送った。

 民主党は昨夏の衆院選マニフェスト(政権公約)に「可視化」を盛り込んでおり、「事件を機に持ち上がった話ではない」(平田健二参院国対委員長)と釈明する。しかし、党内にも「市民を冤罪(えんざい)から守るための改正を、政治利用しているとみられる」(中堅)との批判がくすぶる。

 鳩山由紀夫首相は20日、法案の今国会提出について「今、考えていない。こういう事件が起きたからといって反作用的に行動すると、また検察に対する批判と受け止められる可能性もある」と否定的な考えを表明した。連立を組む国民新党からも「このタイミングで可視化問題を出すのは誤解を招く」(下地幹郎政調会長)と慎重な意見が出ている。【白戸圭一、横田愛】

 ◇野党時代の法案、現実的に見直し 法務省

 取り調べの可視化を巡って、法務省は政権交代後の09年10月、政務三役を中心に法整備のための勉強会を設置した。導入には、野党時代に提案した議員立法を現実的な内容に改める必要があると判断。来年度当初予算にも調査研究費を計上して論点整理を進めており、今通常国会での提案は難しいとの認識だ。

 民主党の法案は、全事件で一律に任意段階からの可視化を義務づける内容。法務省は「真相解明が困難になり治安悪化につながる」などと反論していた。千葉景子法相は就任時は議員立法に沿う法制化を強調したが、既に導入している韓国を視察するなど「捜査に与える影響も整理が必要」との姿勢にシフトしている。

 加藤公一副法相は20日、報道陣に「党からは何ら話をいただいていない」とした上で、「現実に制度として導入するとなると、メリット・デメリットを含めて精査する必要がある」との考えを示した。【石川淳一】

【関連ニュース
可視化法案:政府として「提出検討せず」 松野官房副長官
国会:衆院で各党が代表質問 野党が「政治とカネ」を追及
千葉法相:取り調べ可視化導入に意欲 韓国を視察
石川議員逮捕:弁護人、取り調べ全過程の可視化申し入れ
裁判員裁判:取り調べDVD証拠に 仏画強盗公判で名地裁

<鳩山首相>今月末のダボス会議に出席せず 国会審議を優先(毎日新聞)
小沢氏の公設第1秘書・大久保被告を逮捕(読売新聞)
脳卒中 早い受診で後遺症防いで(産経新聞)
<陸山会土地購入>石川議員「水谷建設元幹部と会ったかも」(毎日新聞)
節分の巻きずし商標訴訟、イオンが逆転勝訴(読売新聞)

「確認書」の日付偽装=07年公表の文書−会見直前に作成・小沢氏団体土地購入(時事通信)

 小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入をめぐり、小沢氏が2007年に記者会見した際、同氏個人が土地の権利を持たない証拠として示した「確認書」は、会見の直前に作られていたことが19日、関係者の話で分かった。確認書には作成日として土地が移転登記された05年の日付が記載されており、当初から文書を交わしていたように偽装したとみられる。東京地検特捜部もこうした事実を把握しているもようだ。
 小沢氏はこの会見で、「土地購入の原資は銀行からの融資だった」と事実と異なる説明をしていたことも判明しており、特捜部は、小沢氏側が簿外資金による土地購入を隠すための偽装工作をした疑いがあるとみて調べている。
 この土地購入をめぐっては、同会事務担当者だった衆院議員石川知裕容疑者(36)が、購入代金に充てた4億円を収支報告書に記載しなかったとして、政治資金規正法違反容疑で逮捕されている。
 07年2月の会見で小沢氏は、この土地購入について、法人格のない政治団体は登記できず、便宜上、所有者を同氏個人にしたと説明した。
 その上で、陸山会代表の小沢氏と、個人としての小沢氏とで交わした確認書を示し、「政界引退後も個人名義にはならない。公私の区別をしている」と語っていた。
 関係者によると、特捜部は昨年3月、西松建設事件で陸山会事務所を捜索。その際に押収したパソコン内のデータから、確認書は記者会見に合わせて、直前に作られたと判断したとみられる。 

【関連ニュース
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

パトカーに追われ逆送しトラックと衝突、男女2人重傷 栃木(産経新聞)
犬種の特徴、遺伝子解析=人間の病気解明にも貢献−米大学(時事通信)
旧自由党資金15億円、小沢氏団体に 藤井前財務相あて助成金装い(産経新聞)
インド洋給油活動終了へ 防衛相が撤収命令(産経新聞)
石川容疑者、陸山会の実務一手に担う(読売新聞)

携帯ストラップ 回天・桜花の販売中止 ネットに批判続出(毎日新聞)

 太平洋戦争で旧日本海軍が使った人間魚雷「回天」や航空特攻兵器「桜花」の胴体に、キューピー人形の顔をあしらった携帯ストラップが全国の自衛隊基地内の売店などで売られていた。販売元は「不謹慎」との批判を受けて昨年12月に販売を中止、商品を自主回収した。【渡辺暢】

【関連写真特集】キューピー展 100年前の原画など400点公開

 販売元の「シップス」(神奈川県大和市)などによると、ストラップは戦闘機の零戦など旧日本軍兵器にキューピーの顔をあしらった「旧軍コレクション」シリーズの一つで自衛隊基地の売店で1個500円で昨年秋ごろから販売。回天キューピーは「大日本帝国海軍」の帽子をかぶっている。自衛隊関係者以外も購入可能で、通信販売していた売店もあった。

 回天は、魚雷を人間が搭乗できるように改造し、敵艦艇に突入して自爆する特攻兵器。訓練基地が置かれていた山口県周南市の市回天記念館によると、終戦までに搭乗員や整備員ら145人が戦死した。桜花は機首に大型爆弾を搭載し、固体ロケットを噴射して敵艦に体当たりする「人間爆弾」。

 昨年12月中旬、自民党の山本一太参院議員が自身のブログで「回天のキューピーちゃんは問題」などと記載したことをきっかけに「不謹慎だ」「ありえない」といった批判がネット上で続出した。

 同社は「予想以上に批判が大きかったので、回天と桜花を自主回収した」と説明。防衛省広報課は「売店が何を売るかについては関知していない」としている。

 販売中止について、回天記念館の元館長、高松工(たくみ)さん(87)は「あまりに不謹慎でも問題だが、神聖視しすぎてもおかしい。大事なのはあの悲惨な事実をできるだけ多くの人に知ってほしいということ」と複雑な胸中を明かした。

【関連ニュース
<写真特集>佐々木希「キューピーのように可愛く」アニメでナレーター初挑戦
<写真特集>週刊少年サンデー:南、パーマン、とら……人気キャラが“キューピー化”
<写真特集>レッドクリフ:パート2のDVD、BD発売 武将キューピー付きパックも
<釣りバカ日誌>ハマちゃん、スーさんがキューピーに

遺族「長かった」 大阪・富田林ひき逃げ(産経新聞)
石川容疑者、犯意認める 「後任秘書に虚偽記載指示」(産経新聞)
魁皇に顕彰を検討 平野博文官房長官(産経新聞)
大豆のゲノム解読=品種改良など応用期待−日米チーム(時事通信)
<交流協定>米ハリケーン被災地と神戸市の住民が結ぶ(毎日新聞)

【ゆうゆうLife】高年齢雇用継続給付金(産経新聞)

 ■60歳到達で確認したい 資格生じる75%の賃金

 60歳を過ぎた後も働くとき、新たな給与が60歳時の75%未満の人には高年齢雇用継続給付金が支給される。「働く意欲をそがないように」という国の制度だが、申請しないと給付されないので注意が必要だ。定年退職するとき、再就職するかどうかにかかわらず「60歳到達時の賃金証明書」を発行してもらい、“自分の75%”の金額を知っておくと安心だ。(牛田久美)

 ◆華麗なる転身も…

 東京都内で会社員として出版業務に携わっていた小林豊さん(61)=仮名=は、文壇論壇の人々との幅広い交流が注目され、定年退職と同時にテレビ番組制作会社に引き抜かれた。活字から映像へ、媒体は異なるが取材対象は同じ。「未来を見据えて雑誌とテレビの融合を図りたい」と仕事の継続を決めた。

 月の賃金35万円を受け取りながら、視聴者が増えれば手取り額も増える出来高払いの契約。現役時代の68万9680円からほぼ半減したが、番組制作の体験は初めて。現場で教わりながら活字作品の映像化を勉強する生活は楽しかった。給与が75%未満に下がると支給される高年齢雇用継続給付の支給限度額は33万5316円のため、資格はなかった。

 ところが、働き始めて半年ほどたったころ、積年の無理がたたり仕事は休みがちになった。そのため、時間短縮勤務に契約変更となり、月の賃金は20万円に激減した。小林さんの60歳時の賃金は約69万円で、高年齢雇用継続給付制度の上限44万6700円を超えているため、44万6700円と比較すると新しい月の賃金は44・77%に低下している。

 本来なら小林さんはこの時点から、新給与の15%の高年齢雇用継続給付を受け取る資格があった。月の賃金が20万円だから支給額は月3万円だ。しかし、番組制作会社は社員数人の小さなチームで、労務管理の専門部署はない。小林さんも制度を知らず、申請していなかった。

 ◆情報収集は自分で

 給付が受けられたことに気付いたのは、番組制作会社を退職した昨年末。雇用保険の基本手当(失業給付)について相談したハローワークで、雇用保険の加入状況を調べてもらったときだった。

 「働いている間はハローワークは無縁だと思っていたけれど、雇用継続の制度があった。知っていれば利用できたのに」と残念そうに話す。定年後も同じ会社や関連会社で働くときは人事部が手続きをしてくれるが、全く別の会社に再就職するときは注意が必要だ。

 もともと高年齢雇用継続給付は、年金の支給開始が60歳から65歳に引き上げられるのに伴って平成7年に創設された。「働く意欲がある人まで不必要に失業給付に流れてしまうことを防ごうという趣旨」(厚生労働省雇用保険課)で、平成20年は月平均22万人が受給している。

 定年退職するときは再就職するかどうかにかかわらず、「60歳到達時の賃金証明書」を発行してもらい、“自分の75%”の金額を知っておくと安心だ。

 再就職先を探すとき、給付資格があることを雇用主に告げ、人件費削減効果があることを伝えることもできる。働く側からすれば就職口も広がるし、公的給付(年金、雇用継続給付)がどれだけ得られるか考えることで、手取り額も高くすることができる。企業も人件費を抑えることができ、労使双方にメリットがある。60歳以上の雇用を促す制度の趣旨とも合う。

 多くの人にとって関心が高い退職後の収入額。年金については年金機構(旧・社会保険事務所)で、雇用継続給付や失業給付についてはハローワークで教えてくれる。

 一人の人生に丹念に耳を傾け、複雑な国の制度と照らして助言してくれるワンストップサービスがあるといいが、残念ながら実現していない。

政治資金はクリーンに 首相(産経新聞)
環境と経済成長の両立を=アジア中南米フォーラムで提案−岡田外相(時事通信)
特捜部係官、続々と捜索に=議員会館、6年10カ月ぶり緊迫−東京地検(時事通信)
石川議員、13日に再聴取=土地購入代の性格追及−東京地検(時事通信)
<将棋>久保が羽生破る 王将戦第1局(毎日新聞)

<三寺まいり>冬の情緒楽しんで…岐阜・飛騨の縁結び行事(毎日新聞)

 岐阜県飛騨市古川町で15日、縁結びの行事として親しまれている「三寺(さんてら)まいり」があり、大勢の観光客が降り積もった雪を踏みしめ、山都の冬の情緒を楽しんだ。

 親鸞聖人の遺徳をしのび、町内3カ寺を巡拝する行事。明治、大正期には信州への糸引き奉公から帰った娘たちが勤行に加わり、「嫁を見立ての三寺まいり……」と小唄にもうたわれた。近年は縁結びのイベントとして定着している。

 門前の通りは高さ2メートル、直径1メートルの巨大な雪像ロウソクの淡い明かりに照らされ、観光スポットの瀬戸川沿いの千本ロウソク前では、和服姿の若い女性らが神妙な表情で「願掛け」する姿が見られた。【奈良正臣】

【関連ニュース
<写真特集>日本の祭り
<写真特集>日本の世界遺産
詩と絵でつづる天職一芸:和ろうそく職人 飛騨古川、恋のあかり細々と
氷と灯りの祭典:飛騨・世界生活文化センターで始まる

貴金属店に点検要請へ=多額窃盗受け、防犯対策検証−警察庁長官(時事通信)
熾烈なバトルを展開中 「ダンマリ」小沢VSマスコミ (J-CASTニュース)
外国人参政権法案 小沢氏、政府提出に固執(産経新聞)
大阪・居酒屋の銃乱射、重傷の男性も死亡(読売新聞)
「大阪人権センター」移転 4月にも 耐震問題、民間ビルへ(産経新聞)
前の10件 | -
-|2010年01月 |2010年02月 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。